JavaやAndroidの総合開発パッケージを準備する

android-logo-white

何だかんだで変なエラーでEclipseを入れ直したりすることが多いのでまとめておく(´・ω・`)
(Javaのインストールは省きます)

1.Android SDK のダウンロード

Android SDK Download
android_sdk

2.Eclips 日本語プラグインのダウンロード

Android SDK パッケージの Eclips は英語版なので、Pleiadesを導入して日本語化する
Pleiades は Java アプリケーションを日本語化するためのツール

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン
2013年9月現在の最新版 1.4.x

3.Pleiades の導入

導入にあたっては pleiades\readme\readme_pleiades.txt を参照する。
pleiades_x.x.x.zip を解凍し、plugins、features ディレクトリーを eclips の ホームディレクトリーにコピー。

# eclipse.exe -clean.cmd も eclipse.exe と同じ階層にコピーしておく
# Pleiades を更新したり、他のプラグインを追加・更新した場合は必ず上記の起動オプションコマンドから起動する

eclipse.ini の最終行に以下の記述を追加。

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

(Windows 以外の場合は Eclipse 起動オプションを参照)

4.Eclipse の設定

初回起動時にワークスペースを設定する。
USBメモリ等で持ち歩く環境にする場合は、相対パスで指定する。
# 絶対パスの例: D:\workspace
# 相対パスの例: ..\..\workspace

文字コードをUTF-8に変更
ウィンドウ > 設定 > 一般 > ワークスペース > テキストファイルのエンコード > その他 > UTF-8 を選択

その他の設定

・エミュレーターの設定
– 「PANIC: Could not open: XXX」なエラーがでるときの対処
– camera の設定は enabled にしないとダメとか色々

・SDKマネージャーから必要なファイルをダウンロード
– Google USB Driver(実機検証用)
– Google APIs(GoogleMaps等のGoogleサービスを呼び出すときに必要)
– Samples for SDK(参考になるサンプルコードがてんこ盛り)
– SDK Platform(Android2系や最新版など検証する環境に応じて入れる)

・エディタをカスタマイズ
– Sublime Text風にするとか

上記の内容は何かに躓いたらまとめるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation