ジャケットのベント

ベントはジャケットの背中の下側にある切れ目のことで、
本来は乗馬の時に裾が流れて邪魔にならないようにしたもの。

ベントの種類
vent

ノーベント
  最もクラシックでフォーマル。タキシード等に使われる。
  イタリアンスタイルに多い。

サイドベンツ
  伝統的ブリティッシュスタイル。剣吊りとも言われる。
  スラックスのポケットに手を入れても様になる
  身体のラインを強調する(体格の良い人には似合うが太った人には不向き)

センターベント
  スッキリとしたシルエット。
  ポケットに手を入れた時にベントが開いてカッコ悪い。
  アメリカンスタイルに多い。

フックベント
  センターベント半分より下のところで鉤型にしたもの。
  「鉤型ベンツ」「鉤ベンツ」ともいわれる。
  アイビー調のジャケット等に多い。

ベントを開けるか開けないかは個人の好みで良い。
ダブルジャケットにはセンターベントとフックベントは使われない。

参考サイト
ジャケットのベントについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation